ラ・テールブログ

自然素材にこだわった洋菓子・パン・レストランの、世田谷三宿ラ・テールブログ


生産者訪問 ~観音山フルーツガーデンさんを訪ねて~

こんにちは、ラ・テールの友田です!

今年は大雪のバレンタインデーになってしまいました。
暖かくなるのが待ち遠しい今日この頃、皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか?
バレンタインの直前にスタッフが興奮して話してきてくれたことがありました
某テレビ番組のお見合いの企画。
10名以上からアプローチを受けられた方がいらっしゃったそうです。
スタッフも「すごい人気!」と思いつつ、テレビを見ていたところ、
クライマックスで何だか見たことがあるものが!!
なんと告白のシーンでその男性が受け取られたチョコレートが・・・

「恵みのショコラ!!」

ラ・テールのお菓子が少しでもお役に立てたかもしれないと思うとなんだかとても嬉しい気持ちになりました


さて、タイトルのお話に・・・

2月17、18日の2日間で製造の池田、小山、ラ・テールセゾン渋谷店・店長の川島とともに
和歌山県紀の川市にある観音山フルーツガーデンさんを訪問させていただきました
紀の川市の景色

今回は4月のサンクスケーキの素材のことを伺いに!
4月の素材はこちら↓↓
グレープフルーツ
グレープフルーツの木2
グレープフルーツの木
和製グレープフルーツです!

国産のグレープフルーツは珍しく、スーパーなどではほとんど目にすることはできない素材です。
そもそも日本の気候では栽培が難しいとされており、海外から運ばれて来るものが多く、
船便で2週間もかけて日本に届くこともあります。
そのため、防腐剤や防かび剤が散布されているものも多いのです。

観音山フルーツガーデンさんでは約8年前から栽培をされており、栽培の始まりはなんとも
偶然の出会いだったとか・・・
こちらは、サンクスケーキのご案内の際に詳しくお伝えさせていただきます。

4月のサンクスケーキの開発担当は、ラ・テール1(いち)かわいく魅力的なケーキを
開発する小山です
実際にグレープフルーツが成っているところを目にし、食べさせていただいたところ、
しっかりとした風味、たっぷりの果汁、ぷりぷりの果肉!
小山も満面の笑みです
グレープフルーツ小山

つくりたいケーキはほとんど決まっていたそうですが、あれもいいな~これもいいな~と悩んでいる様子。。。
小山思案中

3月にはお知らせができると思いますので、乞うご期待!!


観音山フルーツガーデンさんでは柑橘を初め、様々な果物を栽培されています。
今回は、グレープフルーツ以外にもレモンやみかんなど、柑橘の畑や柿の木を見せていただきました。
レモンの木
レモンの木にはトゲがあるので、慎重に!

東京では見ることのできない風景と果実にみんな感動!!

そして翌日、観音山フルーツガーデンさんのおいしいフルーツを使わせていただき、
スコーンづくりをしてみました。
スコーン

果実について、土について、日本の農業についてと観音山フルーツガーデンのスタッフの
みなさま、お忙しいところご丁寧にご説明いただきありがとうございました!
観音山フルーツガーデンの皆様と

帰りに、みかんとお菓子の神様と言われる橘本神社へみんなで参拝。
神社にて

素材を生かし、おいしいお菓子をつくり続けたい・・・と改めて思う和歌山の旅となりました



スポンサーサイト

生産者訪問@山梨~!

こんにちは、ラ・テールの佐野です。

戻り梅雨とは・・・びっくり!ですね。
あんなに夏らしい日が続いたのに・・・

ちょうど梅雨明け宣言直後、各地で35度を超えたすごーく暑かった日
洋菓子、パンの製造、販売スタッフの総勢13名で、山梨県に生産者さんを訪問させていただきました!

少し遅くなってしまいましたが、その様子を少しご紹介したいと思います。


一軒目は、ラ・テール メゾンでお世話になっている野菜のいとう農園さん。

北杜市は長野県も近く、とにかく暑かったですが景色は最高でした!

002.jpg
道中、八ヶ岳がきれいに見えました

メゾン開業以来ずっとお世話になっていましたが、今回は初めての訪問。
有機栽培できゅうり、トマト、なす、インゲン豆、ピーマン、ズッキーニなどを作っていらっしゃいます。
伊藤さんご夫妻とお話しをして、暖かく穏やかな人柄の中に熱い気持ちを感じてきました!

伊藤農園さん
きゅうり畑の前で、メゾンの根本シェフと伊藤さんご夫妻

もぎたてのきゅうりと、キーンと冷えた八ヶ岳サイダー、最高でした!!


2軒目は、南アルプス市の百果園、塩澤さん。
こちらもここ数年、減農薬栽培のおいしいすももを送っていただいています。

スモモがたくさん
午前中収穫したすももを仕分けているところ

完熟のすももを味見させていただくと、こんなに甘いのか!というほどおいしくてほっぺたがおちそうでした

スモモがなっているところ
紅りょうぜんという品種。美しい赤色が特徴。


そして3軒目は、桃とぶどうを栽培されている山梨市の田草川農園さん。

かなりタイトなスケジュールだったので、ついた頃は夕方6時を過ぎてしまいました

そんな中でも、桃とぶどうに適した気候風土、地形のことから、
減農薬栽培、有機肥料、草生栽培のことまでわかりやすく、とても丁寧に説明してくれました。

049.jpg
ラ・テール洋菓子店のバクサと田草川さんご夫妻

昼間の気温は35度くらいになり、桃の出荷もピークで超多忙な中、
畑で私たちに冷えたお茶を用意してくださって、感謝感謝です!

シャインマスカット
9月のサンクスケーキに使わせていただく予定のシャインマスカット

桃色の夕日
最後は桃色の夕日・・・帰りたくなくなるほどきれい・・・


ちなみに、田草川さんの訪問の様子やサンクスケーキは、毎月のチラシで詳しくご紹介します!
楽しみにしていてくださいね。


伊藤さん、塩澤さん、田草川さん
一年で最もお忙しい中、たくさんお話を聞かせていただきまして、
本当にありがとうございました!
スタッフ一人ひとりにとって、大変有意義な時間を過ごすことができました。


これからも暑い日が続きますので、皆さまくれぐれもお体に気をつけてお過ごしください


熊本・鹿児島の生産者さんを訪ねました!

こんにちは、ラ・テールの友田です。

3月にブーランジェリー ラ・テールのスタッフやラ・テール洋菓子店の
スタッフと一緒に生産者さんを訪ねて九州に行ってきました!
3つの素材の生産者さんや産地についてご紹介させていただきます!


まず、熊本県のJA阿蘇さんを訪問しました。
JA阿蘇さんからは、ラ・テールのプリン「ウ・オ・レ」やブーランジェリー
ラ・テールの「ジャージー牛乳のパン」で使っているジャージー牛乳を送っていただいています。

阿蘇郡南小国町の乳牛はすべてジャージー種。
ジャージー牛乳は、脂肪分が高く、高タンパク質であることが特徴です。
ウ・オ・レやジャージーのパンのおいしさの鍵はこの牛乳にあると言っても過言ではありません!!

ジャージー乳の酪農家さんにもお会いすることができました。
牛たちを見て、みんなそのかわいさにビックリ!!ジャージー種は目の周りにアイラインが入っているように見えます!
ジャージー

数日前に生まれたばかりの仔牛たちにも会うことができました!
kXhPzcGkPzAXAIcRlGUz3KlraY0zNwrLLIep_a7cX0Q.jpg

人が好きで振り向くとみんなこっちを見ています!
画像


次に10年以上お世話になっている菊池市のマンゴーの生産者・友枝さんを訪問しました。
ラ・テールでは、毎年マンゴープリンやタルトにたっぷり使わせていただいています!
3月だったので、「マンゴーの木を見られたらいいな…」と思って行ったところ
なんとたくさんのマンゴーの実が!!
収穫まであと1か月というマンゴーが生っているところを見ることができました。
__ (2)

ハウスによっては、マンゴーのお花も見ることができました。独特な香りがします!
MU4j66Yd0C851buesmZSEiJKmQNKJwpT-K5DF2Io66c.jpg

今年も夏には友枝さんのマンゴーを使った商品をたくさん出していきたいと思います!


熊本を後に、鹿児島へ・・・


鹿児島県大隅半島の紅茶の生産者・後藤さんを訪問しました。
後藤さんでは、農薬を使わず紅茶を栽培しています。
紅茶も緑茶も木は同じです。
茶葉にする工程の違いで、紅茶にも緑茶もになります。
花粉症に効くと言われている、「べにふうき」は名前に「べに(紅)」がつきますが、
これは紅茶に適した木につくられたものであるため、その名がついたそうです。
後藤さんでは、「べにひかり」も栽培していますが、こちらも同様、紅茶に適した
木だと言われています。

後藤さんご夫妻とラ・テール洋菓子店の濱田スーシェフです。
5月のサンクスケーキでは、後藤さんの紅茶を濱田がケーキに仕立てます。
OMvwiTqK_YskAdmUVvsOnNjqehKn64Rz6ul_QGVyBvo.jpg

後藤さんの紅茶は、フレーバーを使わず、紅茶本来の味わい!
お菓子づくりがお好きな奥様も焼くと香りが残りにくいため、難しいと
おっしゃっていました。
どのようなケーキになるか楽しみです。
詳細はまた後日…

生産者の皆様、本当にありがとうございました!

ドイツの地方菓子【ババリアン・アップル】新登場です!

ドイツ・バイエルン州よりご紹介・・・「ババリアン・アップル」ババリアンPOP

こんにちは。ラ・テールの玉井です。
今回は、ラ・テール洋菓子店と東急のラ・テールセゾンで新登場となります、「ババリアン・アップル」のご紹介です。
みなさまおそらく初耳でいらっしゃると思いますので、「ババリアン・アップル」の誕生までのお話を
させていただきますね。

ラ・テールには、ドイツに10年ほど滞在し、ドイツ製菓マイスターの資格を取得した職人がおります。
そのバクサ裕子が、ドイツで出会い、ぜひ日本で紹介したい!とおつくりしたのが、この「ババリアン・
アップル」なのです。
ドイツの南東部に位置するバイエルン州が起源と言われ、バイエルン人にとっては、子どもの頃に
おばあちゃんがおやつの時間に焼いてくれたような、昔懐かしいお菓子だそう。
お家ごとに味わいも異なり、レーズンを入れたり、夏にはネクタリンを入れたり・・・季節に合わせて
楽しまれているようです。
ラテールでも、今が旬の紅玉りんごからスタートし、今後いろいろな季節の素材でおつくりしていきたいな、とも計画していますのでお楽しみに!

断面

さて、見た目はパイのような、エッグタルトのような・・・という感じですが、
お味の方は、やわらかな焼きプリン、といったらいいのでしょうか。
鍋でアパレイユ(液状の生地)を炊き上げてから型に流してオーブンで焼き上げる
独特の製法から、このやわらかく、ぷっくりとした食感が生まれます。
信州の川口さんからいただく、減農薬栽培の紅玉りんごの甘酢っぱさと
食感がアクセントになっております。
もちろん、他の素材も、とびっきりのこだわり素材でラ・テール流におつくりしました。
熊本・阿蘇高原のジャージー牛乳や、山梨県の山岳農場を走り回るニワトリの自然放牧卵などなど・・・素材の味わいがそのまま伝わるシンプルなお菓子だからこそのこだわりです。


ドイツの地方菓子とラ・テールのマリアージュは、ちょっとしたお土産やプレゼントにもおすすめです。
ぜひ一度お試しくださいね。

売り場

※ラ・テール洋菓子店では本日10月15日~
東急フードショー店「ラ・テール セゾン」では10月19日(月)~の
発売となります。



ファクトリーニュース2007【メゾン】

【ラ・テールファクトリーニュース】
福島県北塩原村の佐藤農園さんに行ってきました


みなさん、こんにちは。ラ・テールの河村です。
前回に引き続き、今回もラ・テールファクトリーニュースをお届けします!

今回は、私たちのレストラン「ラ・テールメゾン」のシェフが、
先月末に、野菜の産地の福島県「佐藤農園」さんにお邪魔したときのレポート
です。



「続きを読む」から、お楽しみください。


続きを読む »

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE

このページのトップにもどる


 

Copyright(c) La Terre. Allrights reserved.