ラ・テールブログ

自然素材にこだわった洋菓子・パン・レストランの、世田谷三宿ラ・テールブログ


ラ・テールメゾン【旬素材・スズキのメニューご紹介】

みなさんこんにちは。ラ・テールの玉井です。
6月も半ば、うっとうしい梅雨の中にも、夏の気配が感じられるようになってきましたが、
いかがお過ごしでしょうか。
今回は、ラ・テールのレストラン「ラ・テール メゾン」のご紹介をさせていただきます。

access_ph_01[1]

レストランのことは、あまりご紹介する機会がなかったので、みなさまもどんなところか、気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ラ・テールには、「自然の材を活かし、安心のできるつくりたてのおいしさを提供する」という全店共通のテーマがあります。
「ラ・テール メゾン」でも、生産者の方から、直送でお野菜や魚介類などを届けていただき、フレッシュな素材を活かしたお料理をご提供できるよう心掛けています。
そして「ラ・テール メゾン」では、もっとみなさまに素材のことを知っていただきたい、という思いから、毎月、旬の食材一つにスポットをあててご紹介する、「スポット食材」という企画を行っています。
その時期に一番おすすめの食材を、根本シェフが厳選し、季節ならではの旬のお料理をご紹介しています。

今月の食材は“スズキ” 。
スズキ(鱸)は出世魚で成長とともに名前が変わる縁起のいい魚で、30㎝以下をセイゴ、30〜60㎝をフッコ、60㎝以上をスズキといいます。大きくなると何と1mを越えます。
フッコの時までは大きな河川の海水の混合する川側に住み、スズキになると海側に住みます。今からの時期は東京湾を始め大きな河川の流れ込む内湾にいます。
また、スズキは背白身魚の代表格として、冬のヒラメ、春のマダイ、夏のスズキ、とそのおいしさでは誉れ高く、夏の高級魚として知られる魚です。
出世魚で小さい時に川に住んだりするので、川の匂いを持っていることもあって、育った場所の水質によって臭みが出やすい魚のようです。
ラ・テール メゾンに届くスズキは、臭みも無く、白身のおいしさをそのまま味わっていただけるものです。
スズキのおいしさは、力強い身の質感が他の白身魚にはない魅力です。
今回は千葉県の房総より直送の、天然のものをご用意しました。

根本シェフに、スズキを使ったメニューを一品、作っているところを取材
させてもらいました。
こちらは「スズキのパートブリック包み揚げ トマトバジルソース」です。
まず、スズキを新鮮なうちに下処理。
スズキ/トリミング

 その後、バジルとにんにくを身にまとわせて、お米で作った皮、パート・ブリックで身を巻いて油で揚げて完成です。
スズキのやわらかい身に、パリパリの皮、酸味のあるソース・・・。
食欲をそそられます。
画像②

このお料理のポイントはソース。
ソースにもバジルと、シェリーヴィネガーを効かせて、香草とほんのりした酸味が梅雨の季節にも食べやすいお味に仕立てました。
画像③

他にも、
「スズキのマリニエール 香草風味」¥2200
・・・温製のカルパッチョのようなイメージのお料理。
「スズキのポワレ バルサミコソース」¥1900
・・・皮面はしっかり香ばしく、身はふっくらと焼き上げて、こちらも
酸味のあるソースで仕上げます。
など、その他の食材も、今の時期ならではの旬のおいしさをいろいろご用意しておりますので、是非お気軽にお出かけくださませ。
根本シェフをはじめ、スタッフ一同お待ちしております。
こちらのメニューは6月末までの限定となっています。

ラ・テール・メゾン
03-3414-0513
【定休日:水曜日】




スポンサーサイト

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE

このページのトップにもどる


 

Copyright(c) La Terre. Allrights reserved.