ラ・テールブログ

自然素材にこだわった洋菓子・パン・レストランの、世田谷三宿ラ・テールブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス大使館公邸にて特大ガレット・デ・ロワを献上しました

こんにちは。ラ・テールの河村です。

先週の金曜日1月16日に、クラブ・ドゥ・ラ・ロ・ワ主催のガレット・デ・ロワパーティーが
広尾のフランス大使公邸にて開催されました。
IMG_3690.jpg

このパーティーでは、毎年フランス大使へのガレット・デ・ロワの献上が行われ、
昨年11月のコンテストの一般(プロの製菓パン職人)部門で
優勝させていただいたラ・テールのスーシェフ濱田舟志が、
直径1mもの特大ガレット・デ・ロワをフランス大使に献上しました。

約300人が集まったパーティの冒頭には、コンテストの授賞式も執り行われ、
各部門の受賞者の方とともに、優勝の表彰を受けました。

クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ会長『パティシエ・シマ』の島田進シェフより授与いただきました。
DSC_0595.jpg

優勝の副賞として
来年2016年1月にパリで行われるガレット・デ・ロワ・コンクール(パリパン組合主催)への
エキシビジョン参加資格も与えられ、パリ東京間往復航空券とともに記念撮影。
DSC_0608.jpg

優勝者として、優勝の感動をスピーチさせていただきました。
DSC_0616.jpg
「多くのガレットの諸先輩方に貴重なアドバイスいただき、自分なりに考えて取り組み、
今回3回目のチャレンジで、初めて書類審査に合格、そして優勝することができました。
歴代の優勝者をみても、若くて素晴らしい方ばかり。
僕は若くはないですが、次のフランス大会ではフランスで修行した6年の経験を生かし
みなさんの期待に添える結果を残したいと思っています。」(濱田舟志)


授賞式のセレモニーが終わるとパーティーの開始です。
まず今月に発生したパリでのテロ事件を受けての黙祷が行われ、
その後、ティエリー・ダナ駐日フランス大使のオープニングスピーチにより、パーティーが始まりました。
DSC_0641.jpg
大使は1月上旬に発生したパリでのテロを受け
この会の開催も自粛することを考えられたそうですが
このようなときこそ我々は前を向いて日常を進まなければならない
という思いで開催を決定されたそうです。

そして…いよいよ会場内に、濱田が焼き上げた直径1mものガレット・デ・ロワが運び込まれます!
他のクラブ会員の若手シェフの方々にお手伝いいただき、華やかに入場。
DSC_0647.jpgDSC_0654.jpg


献上されたガレット・デ・ロワに、フランス大使、山谷えり子大臣、スイーツ親方として有名な柴田山親方、
ファッションデザイナーのコシノジュンコさんなど各界から招かれた著名なゲストによるケーキカット。
DSC_0669_201501221147560b7.jpg
そして盛大な乾杯へと続きました。
DSC_0709.jpg


濱田のガレット、そして会員の方々のガレット・デ・ロワが
シャンパンとともに参加者の方々に振舞われます。
DSC_0718_201501221148205f4.jpg

さらに濱田が献上した大きなガレットには、5つのフェーブが仕込まれていて
それが当たったら王冠と何とバカラのゴブレットがプレゼントされるという楽しい企画もあり、
「ビゴの店」のビゴシェフも…
(参加したラ・テールのスタッフが幸運にもフェーブ当たりました。今年はいいことがありそう?!)
DSC_0744.jpg

パーティーは盛況のうちに終了しました。

DSC_0636.jpg
濱田シェフ、お疲れ様でした。
スタッフによると、普段は寡黙なイメージの濱田が
終始笑顔だったのが印象的だったそうです。

そしてクラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ関係者の皆様、
フランス大使館関係者の皆様、誠にありがとうございました。

次回は、このパーティの開催当日の未明に濱田が焼き上げた
大きなガレット・デ・ロワについてもお伝えします。
スポンサーサイト

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE

このページのトップにもどる


 

Copyright(c) La Terre. Allrights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。