ラ・テールブログ

自然素材にこだわった洋菓子・パン・レストランの、世田谷三宿ラ・テールブログ


【パティシェール本田恵久のアルザス便りvol.3】

こんにちは。
ラ・テールのブログを担当している近松です。

次回に引き続き、
ラ・テールの元パティシェール本田恵久(えく)
【パティシェール本田恵久のアルザス便り】をお送りします。

今回は、彼女が住むアルザス地方はストラスブールから、
コルマールからに向かい、さらにその近くの村々を訪ねた時の日記をお届けします。
ヴォージュ山脈の小さな村「チュクハイム」「ニーデルモルシュヴィル」
の様子をお楽しみください。

あの有名なコンフィチュールも登場。私もはじめて知りましたが、
こんなに小さな村の雑貨屋さんが作ったコンフィチュールだったのですね。


Maison Ferberのコンフィチュール


↓「続きを読む」からどうぞ!

コルマールからヴォージュ山脈のなだらかな山々の方向へ。

ワイン用のぶどう畑が緩やかな丘を埋めつくし

アルザスで幸せを運ぶ鳥、”こうのとり”が屋根に巣を作り、
人々を見守っている町があります。
ぶどうを壁に絵のように這わせたり、古い井戸からとりどりの花があふれ、

壁の色や窓枠を競うように飾っていました。

こうの←教会の次に高い建物の上に、こうのとりが

                             巣をつくって、町を見守っていました。

ゆっくり歩いても20分位の小さな村『チュクハイムTURCKHEIM』へ。

一軒のお菓子屋さんを訪ねると、マダムがお茶を楽しむ夫婦に話しかけていて、
一瞬誰かの家に紛れ込んでしまったような錯覚に陥ります。

小さなクグロフを買って別れを告げると、『良い一日を』と穏やかに声をかけてくれました。
なんだか、なごんでにっこりほほえんで、お店を後にしました。
時間がゆっくりと流れている気がしました。





チュクハイムの村をぐるっと回るようにして、なだらかな坂道を歩くと、
ワイン街道RUE DE VINが走ります。
チュクハイムの村を葡萄畑の高台から←チュクハイムの村を見下ろして


ぶどう畑には青いぶどうがたわわに実っていて、一面緑が広がっています。
今年は雨が多いらしく、ここのところ、毎日雨がふったりやんだりしています。
農作物にも影響がでているらしい。雨あがりの畑にかたつむりがいました。



ワイン街道のなだらかな丘をおりると、絵本に紛れ込んだかのような
ちいさなかわいい村『ニーデルモルシュヴィル~NIEDERMORSCHWIHR』に着きます。

ニーデルモルシュビルの町なみ


この小さな町で小さな雑貨屋を営む家族はコンフィチュール(ジャム)で
一躍世界に名を轟かせることになります。
フルーツが一つ一つ順番に口の中で広がるコンフィチュール、
火を入れることでフルーツをよりフレッシュに感じさせてしまう
その不思議なコンフィチュールに、いつか、この村を訪れたいと願うようになりました。

小さな小さな町の教会のすぐ降りたところに村で一軒の雑貨屋に、
その世界一有名なコンフィチュールはありました。

土曜日、週末のためのタルトやお惣菜や野菜を揃えに人が集まってきます。
たちまちお店はいっぱいになりました。
地元の夫婦や仲間に混じって、お菓子やたくさんのコンフィチュールを
迷いながら買いました。
メゾンフェルベールの外観
↑メゾンフェルベールの外観。うわさのコンフィチュールは、

 1枚目の写真です


●アルザス歩きメモ●

■チュクハイム■

チュクハイムTURCKHEIMには、SNCFのコルマールの駅から、
METZERAL方面の単線に乗り換えて15分位。
一日10~12本位。日曜には本数が少なくなる。コルマールからバスもある。



・チュクハイムのお菓子屋さん

『Francois Dietsche』 TURCKHEIM 13 Grand’rue tel03892706

 

・チュクハイムにはルクルーゼと共に日本でもよく見かけるSTAUB社があります。
・ホテルは三軒。



■ニーデルモルシュヴィル■

ニーデルモルシュヴィルNIDERMORSCHWIHRには、
チュクハイムから2.5km。バスはコルマールから。ホテルも一軒ある。


・ニーデルモルシュヴィルNIDERMORSCHWIHRの雑貨屋さんお菓子屋さん。

『Maison Ferber』

18rue des trios-epis 68230 tel 0389270569

日曜午後、月曜休み。7時~12時30分、14時~18時30分。

土曜日7時から18時、日曜日9時~13時。2月に3週間のお休み有り。

チョコレートのコンフィチュール6.25ユーロ、

他のコンフィチュール5.25ユーロ、蓋カバーなしだと、4.75ユーロ。

お菓子はフールセック250グラム6ユーロ。


(2006年8月現在) 


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fromlaterre.blog72.fc2.com/tb.php/18-79a47215

 BLOG TOP 

このページのトップにもどる


 

Copyright(c) La Terre. Allrights reserved.