ラ・テールブログ

自然素材にこだわった洋菓子・パン・レストランの、世田谷三宿ラ・テールブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パティシェール本田恵久のアルザス便りvol.5


~アルザスの街のノエル前のお楽しみ~
"サンニコラの日"


アルザスでは、クリスマスの前の12月の6日に
“サンニコラ”の日があります。

アルザスでは、学校がお休みになり、
サンニコラが街でお菓子を子供たちに配ったりするそうです。

楕円形のパンデピスの上にイラストが入っていたり、
マジパンやお砂糖でデコレーションした“サンニコラ”がよく見かけられます。

サンニコラのお菓子サンニコラのお菓子2


              ↑表情が楽しいですね。

パンデピスやブレデレといったクッキーのようなものも
たくさんのお店で売り始めました。好きなものを選んで買うことができます。
たくさんの種類のクッキーに目移りしてしまいます。
お菓子はいつも私たちを楽しませてくれます。


たくさんのお菓子シュトーレン


  おなじみシュトーレンは“クリストル”という名前で売られていました。↑

素朴で温かみのあるアルザスの地方菓子。
この時期になってみることができるお菓子もたくさんあります。
アルザスのお菓子は、形やモチーフがかわいらしいものが多いです。
星、靴、天使、サンタさん、きのこ、鳥、もみの木・・
見ているだけでも楽しいお菓子です。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fromlaterre.blog72.fc2.com/tb.php/20-e94b0359

 BLOG TOP 

このページのトップにもどる


 

Copyright(c) La Terre. Allrights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。