ラ・テールブログ

自然素材にこだわった洋菓子・パン・レストランの、世田谷三宿ラ・テールブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【素材のお話】「東京はちみつ」を取材しました!~前編~

巣箱はなんと永田町のビルの屋上に!

こんにちは。ラ・テールの玉井です。

ラ・テール洋菓子店の今年の夏の新作、「東京はちみつ果ジュレ」
_MG_0220.jpg

国産の果実と、東京で採られたはちみつを合わせたデザートです。
東京のはちみつって、いったいどこで作られているんだ?と疑問をお持ちのかたもいらっしゃったのでは
ないでしょうか?
なんと、永田町の社民党のビルの屋上で採取されたはちみつなのです!

そこで、さっそく「一度、はちみつ採取の現場を見せてください!」と、
ご無理申し上げ、おじゃまさせていただきました。
私たちが伺ったときには、ちょうど「そめいよしの」が終わり、
「ゆりの木」の花の蜜を集めていらっしゃるところでした。
藤原さん2


東京はちみつは、皇居の中と皇居周辺で採取されたはちみつです。
永田町から皇居は近いけれど、皇居の中に巣箱が無いのに、どうやって
はちみつを集めるのだろう・・・?
分からないことだらけで質問攻めの私たちに、丁寧に応えてくださります。

みつばちは、1~2km圏内の、花が密集しているところから蜜を集めてくる習性が
あるそう。
そのため、永田町のこの場所からだと必然的に皇居の花に限られてくるのだそうです。

そして、みつばちは、偵察隊(!?)のような役目の、最初に花の蜜を持って帰った
一匹が、ダンスのような動きで、同じ巣箱の仲間のみつばちに蜜源の場所を
教えるそうで、それで、巣箱のみんなが同じ花に向かうことができるんだそうです。

なんて頭のいい昆虫なのでしょう!

みつばちは可愛いけれど、やはり針をもつ生き物。
防護服に着替えて、緊張している私たちに、予想外の一言。
「みつばちってあったかいんだよ。触ってみる?」
おっかなびっくり、巣にとまっている一群に、手の甲でそお~っと触らせていただきました。
みつばちは本当にあたたかいんです!!
この小さな身体で、ものすごいエネルギーを使っているんだな~と感動してしまいました。
友田さん1


みつばちのことを教えていただくにつれ、可愛く見えてきて、手のひらにのせたりもしてしまいました。
(監督のもと行っております。まねをしないでくださいね!)
手のひらにはち


社民党の屋上から見える国会議事堂。
タマイと議事堂

そして皇居。
屋上から見た皇居


東京のど真ん中でのはちみつの採取を実際に見せていただき、
びっくりの連続でした。
お忙しい中、貴重なお時間を割いていただき
本当にありがとうございました。

書き足りなくてどんどん長くなってしまいそうなので・・・(笑)
この続きは後編に書かせていただきます。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fromlaterre.blog72.fc2.com/tb.php/301-5a071441

 BLOG TOP 

このページのトップにもどる


 

Copyright(c) La Terre. Allrights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。