ラ・テールブログ

自然素材にこだわった洋菓子・パン・レストランの、世田谷三宿ラ・テールブログ


【パティシェール本田恵久のアルザス便りvol.13】

みなさん、こんにちは。
ラ・テールの近松です。

フランスのアルザスでお菓子の修行中の本田から今週届いたのは、
前回のヨーロッパのカーニバルの続きのお話。

彼女が、お隣の国イタリアの、有名なベネチアのカーニバルを
訪ねた時の様子です。
こちらもなかなか楽しそうで、華やかな雰囲気が伝わってきます。
ちょっとしたスナップも本当に絵になりますよね~。

早速、以下からどうぞ!

イタリア・ベネチアのカーニバル!

前回のブログでは、カーニバルの由来やベーニエをご紹介しました。
今回は実際のカーニバルの様子をレポートしてみようと思います。
フランスのお隣の国“イタリア”ベネチアのカーニバルの様子です。

私のマダムいわく、イタリアはゴージャス、ドイツは盛り上がる・・
カーニバルなんだそうです。
では、早速、水路で囲まれた美しい街ベネチアへ・・
ベネチア


 

ベネチア




聖人サンマルコの遺体が安置されたと言われる、
ベネチアの中心、サンマルコ広場。
ここでは、仮装した美しい人がたくさんみることが
できました。


 


ここベネチアでは、車、自転車、バイクなどの手段はなく、
細かく張り巡らされた水路を船で進みます。
水路町並み
この街あちこちでまるで、中世に戻ってしまったかのような
華麗な人々が見かけられます。
マキアージュ一般の観光客も負けずに”マキアージュ”
=お化粧して、フェイスペインティング。


 


 


 




私も負けじとペインテイングして、お祭りを楽しみました!お化粧体験

街のあちこちでは、
こんな風に顔にペインティングしてくれます。
好きな色でペイントしてもらえます。




 


 



フランスでは、前回のブログのように、
”ベーニエ”と言われる油で揚げたお菓子がカーニバルのお菓子でしたが、
ここイタリアでもカーニバルといえば、やっぱりベーニエでした。

もちろん、色々の味を試食!!
クリームはバタークリームのようなしっかりとしたクリームに
たっぷりのお酒を効かせてあったり・・
そして、生地はもっちりとしていて、おもしろい食感です。

そして、お菓子屋さんの前にはかわいらしい二人のマドモワゼルが。
ふたりで、おいしそうにお菓子を頬張っていました。
マドモアゼル


いかがでしたか?
今回はちょっとフランスから離れてイタリアを小旅行でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fromlaterre.blog72.fc2.com/tb.php/32-c4f7fbd0

 BLOG TOP 

このページのトップにもどる


 

Copyright(c) La Terre. Allrights reserved.