ラ・テールブログ

自然素材にこだわった洋菓子・パン・レストランの、世田谷三宿ラ・テールブログ


ラ・テール ファクトリーニュース 2007

【ラ・テール ファクトリーニュース】
ブルーベリーの生産者森岡さんを
     山形県寒河江市に訪ねました

みなさんこんにちは。
ラ・テールの河村です。
私達のお菓子に欠かすことができないもの。
それは全国各地の生産者さんから分けていだだいている
その時季のおいしいフルーツです。
それらは、どれもが、生産者の方が心を込めて育てられたもの。
普段、生産者の方とはお電話で、果物の生育状況を伺ったり、
注文のやりとりなどが主ですが、
時々、産地にお邪魔し、畑を見せていただいたり、
お話を伺って、勉強をさせていただいています。

先月もラ・テールのパティシエが、山形県のブルーベリーの生産者
森岡さんを訪ねていってきました。

ー山形県の森岡さんのベリー農園へー
 
毎年夏になると、ラ・テールにはラズベリー、ブルーベリー、赤すぐり、
白すぐり、カシスなど小さくてかわいらしいベリー、フルーツたちが届きます。
国産のベリーは比較的珍しく、またその新鮮な味わいは格別。鮮やかな
色味も、マンゴーなどと一緒に、ケーキのショーケースをパッと華やかに
してくれます。毎年、無農薬栽培のベリー類を届けてくださる森岡さんを
訪ねて、6月半ば、山形県寒河江市に行ってきました。
ベリー
↑今回見せていただいたラズベリー畑

山形県寒河江市は、人口4万4千人、山形県のほぼ中央に位置するまちです。
寒暖の差が激しいことから、果物の栽培に適した土地。なかでも、
さくらんぼは国内有数の生産量を誇ります。森岡さんは単に生産者として
ではなく、農業研究家という視点から農業を行われ、無農薬栽培や
有機栽培について、とても熱い考えを持っている方です。
毎年、いろいろなフルーツを分けていただいていますが、
私たちがご本人にお会いすることができたのは今回が初めて。
ほんの一部ですが森岡さんの考えを知ることができたことは
貴重な経験となりました。

味が濃くておいしい、さくらんぼが100kg
sakuranbo

6月はちょうどさくらんぼ収穫の最盛期。森岡さんの農園でも
1日100kgものさくらんぼが収穫されていましたシーズンを
通しては1.5tもの収穫量になるそうです。
収穫されたさくらんぼは地元のお母さんたちの手により
一つひとつ仕分けされ、包装されていました。
さくらんぼは、農薬を減らすことが難しいそうですが、
森岡さんは自家製の有機肥料などを使って、農薬を減らすことに
挑戦されています。
そうして森岡さんのところで育ったさくらんぼは、
実がしっかりしていて味が濃く、甘みと酸味のバランスがよい
とてもおいしいさくらんぼでした。


研究を重ねて実った、国産のベリー畑
ブルーベリー、ラズベリー、すぐりなどのベリー類の栽培は、
日本では珍しく、国産のものはなかなか手に入りません。
森岡さんのところでは、苗を植えて収穫できるようになるまで
5年もかかったそうです。今でも、冬の時間のあるときには海外へ行き、
より日本の風土に合った苗を探すなど、毎年研究を重ねられています。
ベリー類の畑は水も肥料もやらずに、何も手を加えない状態で
育てられています。私たちが訪ねたときは
しばらく雨が降っていなかったので、土地は乾ききっていました。
少しびっくりしてしまったのですが、そんな私たちの心配をよそに
果実たちは元気に育っていました。

ベリー畑←色づく前の赤すぐり。房の上から下へ赤くなります


 


↓こんなに大きなすぐり(右)も発見! 
ベリー
「本来の農業の姿」
お話を聞くと「何も手を加えていないぶん、収穫時期や収穫量などは生産
者が思うようにはいかない、いつ病気にかかるかも分からない」とのこと。
しかし、それが「本来の農業の姿」なのだと森岡さん。
化学肥料や農薬を使うことによって私たちは1年中いろいろなフルーツや野菜
を食べることができますが、本当の旬の時期に採れたものが一番おいしいものです。
森岡さんは、物の力を生かし、人工的なことは何もせず、果実の旬の時期に
収穫するという、農業本来のやり方を大切にされています。
そして、それがおいしい果実のできる秘訣であるということを、
今回私たちは改めて感じることができました。

自然のままに育ち、一つひとつ丁寧に収穫された果実たちは大きな力を持って
わたしたちのところに送られてきます。
生産者の方々の思いが込められた果実を旬の時期に、
一番美味しい形に変えて、お客様の元へ届けることが私たちの役割りであり、
そのためにこれからも、努力していきたいと思います。
ベリー畑その2
ひと房ずつ手作業で、カシスを摘んでいる森岡さん(中央)と、
農園に来ていた研修生。
---------------------

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fromlaterre.blog72.fc2.com/tb.php/39-d9442e61

 BLOG TOP 

このページのトップにもどる


 

Copyright(c) La Terre. Allrights reserved.