ラ・テールブログ

自然素材にこだわった洋菓子・パン・レストランの、世田谷三宿ラ・テールブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【パティシェール本田恵久のノルマンディ便りvol.19】

フランスもりんごの季節になりました。

こんにちは。フランスノルマンディーの本田恵久です。
こちらは、雨雨・・の毎日です。今年は、夏が寒く、雨も多かったため、ノルマンディーでは、野菜の不作が続いています。
私たちのりんごの木もしかり、通常よりも少ないそうです。そうはいいながらも、りんごの収穫が始まりました。
豚の子供たちも産まれて、にぎやかです。


私の住んでいるノルマンディーはりんごの産地です。
私のお世話になっている農家でもたくさんのりんごの木があります。このりんごの木でりんごジュース、シードル(りんご酒)、カルヴァドス(林檎のブランデー)を作っています。
林檎①

りんごの木は自然に落ちたものを拾います。途中で摘果もしないので、大きさも小さいものから大きいものまでさまざま。日本のものよりも小さめです。
時期によって様々な種類のりんごが収穫できます。これは“ジャルメン”という早摘みの種類。そのまま食べるのがおいしいです。
林檎②




コンプレのパンにバターをたっぷり塗って、コンポートをのせて食べます。酸味もあるので、火を入れてもとてもおいしい!お菓子には最高です。写真中央の梨のようなりんごは、特に酸味が強く、コンポートに最高です。また、りんごでジュレを作っても良しです。
私たちの農家では“ビオ”で作っているので、安心して食べることが出来るんですよ。
この時期には、うちの豚たちもりんごのおこぼれにあずかります。豚も大好きなんです。
子豚

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fromlaterre.blog72.fc2.com/tb.php/45-a74c7ff1

 BLOG TOP 

このページのトップにもどる


 

Copyright(c) La Terre. Allrights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。