ラ・テールブログ

自然素材にこだわった洋菓子・パン・レストランの、世田谷三宿ラ・テールブログ


3月のフランス地方菓子

こんにちは。ラ・テールの大橋です。


大森由紀子先生監修のアルティザン・テラの
3月のフランス地方菓子は、
ブルターニュ地方のお菓子「ファー・ブルトン」です。

ファー・ブルトン

ブルターニュ地方では、プルーンがたっぷり入った
「ファー・ブルトン」が名物です。
気軽なおやつ菓子でブルターニュ全域で
親しまれるおやつのひとつです。

また、古くから伝わる発酵乳製品「レ・リボ」も
ブルターニュでは思い入れのあるもの。
ファー・ブルトンに牛乳の代わりに置き換えられたり、
チーズケーキを作る、魚のソースに使うなど
よく使われているようです。
そのまま飲むこともできます。

ガレットに添えられたり、
アイスクリームにして売られている様子↓
レ・リボ
レ・リボのアイスクリーム

お隣のノルマンディーでは、
レ・リボを使うことはほとんどないそうで、
地方によって違いがありますね。


レ・リボ(Lait Ribot)というのは
ブルターニュでは有名な発酵乳です。
バターを作る時に、クリームを分離した後に残る
無脂肪バターミルクを発酵させたもので
ヨーグルトのようにとろっとして
香りとほのかな酸味が特徴。
脂肪分が少ないので、健康にもいいのだそう。


お菓子などに使うと、
香りがよく、濃厚さが表現でき、
ラ・テール製造さんの間では
プチブームなんだとか(*^ω^*)

レ・リボについて
佐野さんが熱く語っていたので(笑)
これは載せなければ!と思ったのです(`_´)ゞ
(アルティザンのフランス地方菓子の記事は
ラ・テール洋菓子店の佐野さんが担当してくれています。)


レ・リボは、日本ではあまり聞かれませんが、
アルティザン・テラでもお世話になっている
中沢乳業さんが、研究を重ね、
昨年夏に日本で初めて発売されました。

大森先生も関心の深い素材だということ、
そして、本場のブルターニュの
ファー・ブルトンを表現したく、
使わせていただきました。


中沢乳業さんのHPからですが、
*無脂乳固形分8.0%以上、乳酸菌数1000満以上/ml」という
「はっ酵乳」の規格を満たしています。

*ブルターニュ地方に古くから伝わる発酵乳製品を再現しました。
フランスの発酵バターに用いられる乳酸菌を使用し、
独自の技術によって低温で長時間発酵させているため、
一般のヨーグルトとは異なる芳醇で個性的な発酵風味を有しています。
とのこと。


レ・リボについては、
酸味という風に書かれていることが多いので
そんなに酸っぱいのかな?
という先入観がありましたが、

プルーンが効いているのか
個人的な意見ですが、
さほど酸っぱさは感じませんでした。
ヨーグルトのような酸味という感じかと。


ファー・ブルトン特有のもちっとした食感と
レ・リボを使っていることで、
通常のファー・ブルトンよりも
風味が生きているという印象です。


レ・リボを使ったファー・ブルトンを
販売しているところは
初めて!?かもしれませんし、
今は「発酵」が熱い!ということで(笑)
是非、お試し頂ければと思います。


今回はちょっと長くなりましたね…(;^_^A


ファー・ブルトンについて、
詳しくはこちらのページをご覧ください。


アルティザン・テラ
世田谷公園前
東京都世田谷区下馬2-44-11
TEL 03-5787-8850
営業時間 10:00-20:00


◆◇◆ラ・テールのホワイトデー◆◇◆
国産小麦やオーガニックシュガーなど
基本の素材にこだわって、その旨味を
十分引き出した焼き菓子を
かわいらしいラッピングにしました。
オンラインショップからもご注文いただけます。

お急ぎの場合は、備考欄へご希望の
お届け日時をご入力下さい。
お届けできますように最大限の
努力をいたしますが、在庫の関係や、
繁忙期や年末年始、配送地域によっては
ご希望の日時に添えない場合がございます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fromlaterre.blog72.fc2.com/tb.php/718-af454c47

 BLOG TOP 

このページのトップにもどる


 

Copyright(c) La Terre. Allrights reserved.