ラ・テールブログ

自然素材にこだわった洋菓子・パン・レストランの、世田谷三宿ラ・テールブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブーランジェリーラ・テール 7/20(金)東京駅京葉ストリートにオープンします!

こんにちは。
ラ・テールの大橋です。

明日は…
ブーランジェリー ラ・テールの
新しいお店がオープン致します。

ブーランジェリーラ・テール京葉ストリート店

まだ準備中で中の様子が、
ご紹介できないのですがσ(^_^;)

「ブーランジェリーラ・テール 東京駅京葉ストリート店」
営業時間:7:00~22:00
カフェのラストオーダー:21:30

東京都千代田区丸の内1-9-1
京葉ストリート(東京駅八重洲南口改札すぐ)
テラ・セゾンと同じく、エキナカのお店になります。


明日の朝7時からオープンです


■ブーランジェリー初のカフェ付き店舗!
カフェは18席。パンに合うコーヒーを中心にそろえました

焙煎家の柴さんが農園から指定して、豆を選別し
季節や豆によっても焙煎方法を変え、届けて下さいます。

今は、夏場なので、後味スッキリとした
味わいの豆を届けて頂きました。
季節で豆を変えるので、
そちらもチェックしてみてくださいね。


京葉ストリート店では、
約100種類のパンをそろえてお待ちしております。

■片岡農園さんの小麦でつくった「ハルユタカ」 473円(税込)

収穫や品質が安定せず、育てるのが難しいため、一時
幻の小麦といわれていた「ハルユタカ」。

小麦をまくのは、春ですが、
それを冬にしたところ、収穫や品質が安定して
「ハルユタカ」は復活しました。

現在では、栽培農家戸数も約150戸に増え、
その復活に力を尽くされ、日本農業大賞を受賞された、
北海道江別市片岡農園さんの「ハルユタカ」を使っています。

「ハルユタカ」は、国内で最も高い小麦と言われ、
小麦の最高ブランド品種です。

さらに、国産小麦の中でも
高タンパク、モチモチでふっくら。

粉の香りが素晴らしく、
噛みしめるほどに味が出てきます。


■前田農場さんの小麦でつくった「キタノカオリ」 473円(税込)

「キタノカオリ」の小麦は、
収穫時期に雨が多く、育てるのが難しい
農家さん泣かせの小麦といわれています。

北海道十勝地方の前田さんはその「キタノカオリ」を、
自農家単独で製粉できる量を収穫されています。

キタノカオリは育てるのが難しいので、
育てている農家さんの数は限られてきます。

結果、収穫量も限られてくる為、
いろんな農家さんから集めて出荷という形になり、
「前田さん」と特定できるのは、とても珍しいことです。

既に販売している「キタノカオリ」は
生クリームなどを加え、ほんのりとした甘味、
リッチな味わいを追究したのに対し、

前田さんの「キタノカオリ」の食パンは、
砂糖、卵、牛乳、油脂という副材料を少なくした
いわゆるリーンな味わいのパンにおつくりしました。

丹精込めて作られた前田さんの小麦を
しっかり味わって頂きたいとの思いから、
従来のキタノカオリより、軽めに仕上げています。


こちらの他にも、「東京駅限定のパン」が並びます。
スタッフ一同、お越しをお待ちしております。


2012夏の贈り物バナー
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fromlaterre.blog72.fc2.com/tb.php/799-8dcdd4d1

 BLOG TOP 

このページのトップにもどる


 

Copyright(c) La Terre. Allrights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。