ラ・テールブログ

自然素材にこだわった洋菓子・パン・レストランの、世田谷三宿ラ・テールブログ


熊本・鹿児島の生産者さんを訪ねました!

こんにちは、ラ・テールの友田です。

3月にブーランジェリー ラ・テールのスタッフやラ・テール洋菓子店の
スタッフと一緒に生産者さんを訪ねて九州に行ってきました!
3つの素材の生産者さんや産地についてご紹介させていただきます!


まず、熊本県のJA阿蘇さんを訪問しました。
JA阿蘇さんからは、ラ・テールのプリン「ウ・オ・レ」やブーランジェリー
ラ・テールの「ジャージー牛乳のパン」で使っているジャージー牛乳を送っていただいています。

阿蘇郡南小国町の乳牛はすべてジャージー種。
ジャージー牛乳は、脂肪分が高く、高タンパク質であることが特徴です。
ウ・オ・レやジャージーのパンのおいしさの鍵はこの牛乳にあると言っても過言ではありません!!

ジャージー乳の酪農家さんにもお会いすることができました。
牛たちを見て、みんなそのかわいさにビックリ!!ジャージー種は目の周りにアイラインが入っているように見えます!
ジャージー

数日前に生まれたばかりの仔牛たちにも会うことができました!
kXhPzcGkPzAXAIcRlGUz3KlraY0zNwrLLIep_a7cX0Q.jpg

人が好きで振り向くとみんなこっちを見ています!
画像


次に10年以上お世話になっている菊池市のマンゴーの生産者・友枝さんを訪問しました。
ラ・テールでは、毎年マンゴープリンやタルトにたっぷり使わせていただいています!
3月だったので、「マンゴーの木を見られたらいいな…」と思って行ったところ
なんとたくさんのマンゴーの実が!!
収穫まであと1か月というマンゴーが生っているところを見ることができました。
__ (2)

ハウスによっては、マンゴーのお花も見ることができました。独特な香りがします!
MU4j66Yd0C851buesmZSEiJKmQNKJwpT-K5DF2Io66c.jpg

今年も夏には友枝さんのマンゴーを使った商品をたくさん出していきたいと思います!


熊本を後に、鹿児島へ・・・


鹿児島県大隅半島の紅茶の生産者・後藤さんを訪問しました。
後藤さんでは、農薬を使わず紅茶を栽培しています。
紅茶も緑茶も木は同じです。
茶葉にする工程の違いで、紅茶にも緑茶もになります。
花粉症に効くと言われている、「べにふうき」は名前に「べに(紅)」がつきますが、
これは紅茶に適した木につくられたものであるため、その名がついたそうです。
後藤さんでは、「べにひかり」も栽培していますが、こちらも同様、紅茶に適した
木だと言われています。

後藤さんご夫妻とラ・テール洋菓子店の濱田スーシェフです。
5月のサンクスケーキでは、後藤さんの紅茶を濱田がケーキに仕立てます。
OMvwiTqK_YskAdmUVvsOnNjqehKn64Rz6ul_QGVyBvo.jpg

後藤さんの紅茶は、フレーバーを使わず、紅茶本来の味わい!
お菓子づくりがお好きな奥様も焼くと香りが残りにくいため、難しいと
おっしゃっていました。
どのようなケーキになるか楽しみです。
詳細はまた後日…

生産者の皆様、本当にありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

紅茶おいしかったです

ラ・テールの紅茶、とてもおいしかったです。
べにふうき、べにひかり、どちらも飲みました。
今度はリーフで買いたいと思っています。
これからも、がんばってください。

にゃんこ様
コメントが大変遅くなりまして申し訳ございません。
紅茶をお買い上げいただき、嬉しいメッセージもありがとうございます。
最近のお客様のニーズとしてティーバッグの方が人気、ということもあり今のところリーフの販売をしていませんが、参考にさせていただきます。
ちなみに、後藤さんの紅茶はファーストフラッシュだけを特別にパックしていただいていますので、クオリティーはリーフと変わりません。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fromlaterre.blog72.fc2.com/tb.php/913-f82c6991

 BLOG TOP 

このページのトップにもどる


 

Copyright(c) La Terre. Allrights reserved.