ラ・テールブログ

自然素材にこだわった洋菓子・パン・レストランの、世田谷三宿ラ・テールブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラ・テール洋菓子店スーシェフ濱田舟志が第12回クラブ・ドゥ・ガレット・デ・ロワ コンテスト」で優勝いたしました

こんにちは。ラ・テールの河村です。

秋も深まり、街中には楽しいクリスマスの雰囲気も高まってきましたね。
ラ・テールでも各スタッフが、いよいよ年末の準備に取りかかっています。
そんな中、うれしいお知らせが届きました!

*:..。o●★*:..。o●★*:..。o●★*:..。o●★*:..。o●★*:..。o●★
11月11日に行われました
「クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ」主催の
『第12回ガレット・デ・ロワ コンテスト』 で
ラ・テール洋菓子店のスーシェフ濱田舟志が見事優勝しました!
--------------------------------------
hamada (197x250)IMG_0709 (300x225)
ラ・テール濱田舟志 /前列左から2番目が濱田舟志。(入賞者の皆さんと審査員の方々)
*:..。o●★*:..。o●★*:..。o●★*:..。o●★*:..。o●★*:..。o●★

ここでちょっとガレット・デ・ロワについて簡単にご説明します。
「ガレット・デ・ロワ」とは
フランス語で「王様のお菓子」を意味する平たく丸いパイのこと。
フランスで毎年1月6日に、エピファニー(キリスト教の公現節)を祝って食べられます。
パイの中には、フェーブ(陶器の人形)がひとつ忍ばせてあり、それが当たった人は
王冠をかぶって、その日は王様・王女様になれるという演出も楽しめるという、
新年にふさわしい楽しいお菓子なのです。
家族や友達とひとつのパイを分け合い、お互いのしあわせを願う…素敵な習慣ですね。
2014galette.png
※写真は今年1月のラ・テール洋菓子店のガレット・デ・ロワのお知らせです。ラ・テールでは、毎年洋菓子本店とブーランジェリー一部店舗でガレット・デ・ロワを販売しています。

フランスでは、このガレット・デ・ロワのコンテストも毎年開催され、
シェフたちが腕と味を競っています。

これに倣って、日本でも団体「クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ」が2003年に発足。
正統派のガレット・デ・ロワとその文化の普及を中心に
多彩な伝統菓子の魅力の奥深さを少しでも多くの人に伝えることを目的とし、
その一環として毎年コンクールを開催しています。

今年で第12回目を迎えたこのコンクールは
日本全国から腕自慢のシェフを集めて開催されてきました。
濱田がこのコンクールに参加するのは、実は今年で3回目。
濱田はこれまでの過去2年間、一次の書類&写真審査で落選していたのですが、
まさに「3回目の正直」で見事優勝となりました!

濱田が出品した「一般部門(プロの製菓・製パン職人の部門)」は
今年40名余りの応募があり、書類審査の一次審査を通過したのは13名の方だったそうです。

そして迎えた11月11日の最終審査当日。
濱田は、前日夜からラ・テール洋菓子店の厨房で制作に取り掛かりましたが
この一度焼き上げたガレット・デ・ロワ↓を中村グランシェフ、バクサシェフやスタッフに見せたところ…
IMG_7523 (300x245)
ちょっと違う、、ということになり、
濱田自身も納得できなかったため、なんと急遽再チャレンジして作り直し(!)

まだ温かいガレット・デ・ロワを代官山の会場に持ち込んだのは、午後2時過ぎ。
締め切り時間ギリギリの最後の搬入者だったそうです。
そして無事に審査会場に並んだ濱田のガレット・デ・ロワ。
IMG_9919 (300x225)
大きさは直径28cm。
見た目の焼き色、クープのキレイさ、サクサクのパイの食感など、いずれも高評価をいただいたようです。
今回のクープのデザインは、太陽をイメージし、葉っぱを組み合わせて、
左右対称のシンメトリーな模様で仕上げています。

最終審査は、嶋田理事長以下、クラブ・ドゥ・ガレット・デ・ロワ理事の方など
15名の審査員の方による見た目、味などさまざまな角度からの審査が行われました。
(写真はクラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワの事務局様よりご提供いただきました)
DSCN2560 (300x225)


そして、見事勝ち取った優勝!濱田シェフ、おめでとうございます!
_DSC0694 (300x199)
(写真は日本洋菓子連合会様よりご提供いただきました)

これにより、
濱田は2015年1月に広尾のフランス大使館で行われるガレット・デ・ロワ献上式でフランス大使に、
ガレット・デ・ロワを贈呈する名誉を与えられました。

また2016年の1月に予定される
パリのガレット・デ・ロワコンクール(パリパン菓子組合協会主催)への
エキシビジョン参加資格も得られました!
_DSC0700 (300x199)
(写真は日本洋菓子連合会様よりご提供いただきました)

今回のガレット・デ・ロワについての濱田のコメントです。

---------------------------------------------------
僕はソフトなパイが好き。
ガレット・デ・ロワは、バターと粉、アーモンドと1番シンプルな組み合せの焼き菓子です。
人によってパイの厚さや味、形、焼き色などが異なり、そこに作る人の好みやそれぞれの個性が表れます。使う粉を吟味することで、ハードっぽいものより、歯切れがよく、なおかつソフトでやわらかく、サクサク感を大事に作ることを目指しました。
-----------------------------------------------------
そして、この濱田が手がけたガレット・デ・ロワを
2015年1月にラ・テール洋菓子店本店限定で発売予定です。
受賞作のガレット・デ・ロワも、サイズを一回り小さくし、ご予約限定で発売予定!
ぜひご期待くださいませ!

ラ・テール洋菓子店
東京都世田谷区池尻3-27-10
TEL 03-5486-5489
営業時間 10:00-20:00

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fromlaterre.blog72.fc2.com/tb.php/990-7060e6ba

 BLOG TOP 

このページのトップにもどる


 

Copyright(c) La Terre. Allrights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。