ラ・テールブログ

自然素材にこだわった洋菓子・パン・レストランの、世田谷三宿ラ・テールブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本・鹿児島の生産者さんを訪ねました!

こんにちは、ラ・テールの友田です。

3月にブーランジェリー ラ・テールのスタッフやラ・テール洋菓子店の
スタッフと一緒に生産者さんを訪ねて九州に行ってきました!
3つの素材の生産者さんや産地についてご紹介させていただきます!


まず、熊本県のJA阿蘇さんを訪問しました。
JA阿蘇さんからは、ラ・テールのプリン「ウ・オ・レ」やブーランジェリー
ラ・テールの「ジャージー牛乳のパン」で使っているジャージー牛乳を送っていただいています。

阿蘇郡南小国町の乳牛はすべてジャージー種。
ジャージー牛乳は、脂肪分が高く、高タンパク質であることが特徴です。
ウ・オ・レやジャージーのパンのおいしさの鍵はこの牛乳にあると言っても過言ではありません!!

ジャージー乳の酪農家さんにもお会いすることができました。
牛たちを見て、みんなそのかわいさにビックリ!!ジャージー種は目の周りにアイラインが入っているように見えます!
ジャージー

数日前に生まれたばかりの仔牛たちにも会うことができました!
kXhPzcGkPzAXAIcRlGUz3KlraY0zNwrLLIep_a7cX0Q.jpg

人が好きで振り向くとみんなこっちを見ています!
画像


次に10年以上お世話になっている菊池市のマンゴーの生産者・友枝さんを訪問しました。
ラ・テールでは、毎年マンゴープリンやタルトにたっぷり使わせていただいています!
3月だったので、「マンゴーの木を見られたらいいな…」と思って行ったところ
なんとたくさんのマンゴーの実が!!
収穫まであと1か月というマンゴーが生っているところを見ることができました。
__ (2)

ハウスによっては、マンゴーのお花も見ることができました。独特な香りがします!
MU4j66Yd0C851buesmZSEiJKmQNKJwpT-K5DF2Io66c.jpg

今年も夏には友枝さんのマンゴーを使った商品をたくさん出していきたいと思います!


熊本を後に、鹿児島へ・・・


鹿児島県大隅半島の紅茶の生産者・後藤さんを訪問しました。
後藤さんでは、農薬を使わず紅茶を栽培しています。
紅茶も緑茶も木は同じです。
茶葉にする工程の違いで、紅茶にも緑茶もになります。
花粉症に効くと言われている、「べにふうき」は名前に「べに(紅)」がつきますが、
これは紅茶に適した木につくられたものであるため、その名がついたそうです。
後藤さんでは、「べにひかり」も栽培していますが、こちらも同様、紅茶に適した
木だと言われています。

後藤さんご夫妻とラ・テール洋菓子店の濱田スーシェフです。
5月のサンクスケーキでは、後藤さんの紅茶を濱田がケーキに仕立てます。
OMvwiTqK_YskAdmUVvsOnNjqehKn64Rz6ul_QGVyBvo.jpg

後藤さんの紅茶は、フレーバーを使わず、紅茶本来の味わい!
お菓子づくりがお好きな奥様も焼くと香りが残りにくいため、難しいと
おっしゃっていました。
どのようなケーキになるか楽しみです。
詳細はまた後日…

生産者の皆様、本当にありがとうございました!

ドイツの地方菓子【ババリアン・アップル】新登場です!

ドイツ・バイエルン州よりご紹介・・・「ババリアン・アップル」ババリアンPOP

こんにちは。ラ・テールの玉井です。
今回は、ラ・テール洋菓子店と東急のラ・テールセゾンで新登場となります、「ババリアン・アップル」のご紹介です。
みなさまおそらく初耳でいらっしゃると思いますので、「ババリアン・アップル」の誕生までのお話を
させていただきますね。

ラ・テールには、ドイツに10年ほど滞在し、ドイツ製菓マイスターの資格を取得した職人がおります。
そのバクサ裕子が、ドイツで出会い、ぜひ日本で紹介したい!とおつくりしたのが、この「ババリアン・
アップル」なのです。
ドイツの南東部に位置するバイエルン州が起源と言われ、バイエルン人にとっては、子どもの頃に
おばあちゃんがおやつの時間に焼いてくれたような、昔懐かしいお菓子だそう。
お家ごとに味わいも異なり、レーズンを入れたり、夏にはネクタリンを入れたり・・・季節に合わせて
楽しまれているようです。
ラテールでも、今が旬の紅玉りんごからスタートし、今後いろいろな季節の素材でおつくりしていきたいな、とも計画していますのでお楽しみに!

断面

さて、見た目はパイのような、エッグタルトのような・・・という感じですが、
お味の方は、やわらかな焼きプリン、といったらいいのでしょうか。
鍋でアパレイユ(液状の生地)を炊き上げてから型に流してオーブンで焼き上げる
独特の製法から、このやわらかく、ぷっくりとした食感が生まれます。
信州の川口さんからいただく、減農薬栽培の紅玉りんごの甘酢っぱさと
食感がアクセントになっております。
もちろん、他の素材も、とびっきりのこだわり素材でラ・テール流におつくりしました。
熊本・阿蘇高原のジャージー牛乳や、山梨県の山岳農場を走り回るニワトリの自然放牧卵などなど・・・素材の味わいがそのまま伝わるシンプルなお菓子だからこそのこだわりです。


ドイツの地方菓子とラ・テールのマリアージュは、ちょっとしたお土産やプレゼントにもおすすめです。
ぜひ一度お試しくださいね。

売り場

※ラ・テール洋菓子店では本日10月15日~
東急フードショー店「ラ・テール セゾン」では10月19日(月)~の
発売となります。



ファクトリーニュース2007【メゾン】

【ラ・テールファクトリーニュース】
福島県北塩原村の佐藤農園さんに行ってきました


みなさん、こんにちは。ラ・テールの河村です。
前回に引き続き、今回もラ・テールファクトリーニュースをお届けします!

今回は、私たちのレストラン「ラ・テールメゾン」のシェフが、
先月末に、野菜の産地の福島県「佐藤農園」さんにお邪魔したときのレポート
です。



「続きを読む」から、お楽しみください。


続きを読む »

ラ・テール ファクトリーニュース 2007

【ラ・テール ファクトリーニュース】
ブルーベリーの生産者森岡さんを
     山形県寒河江市に訪ねました

みなさんこんにちは。
ラ・テールの河村です。
私達のお菓子に欠かすことができないもの。
それは全国各地の生産者さんから分けていだだいている
その時季のおいしいフルーツです。
それらは、どれもが、生産者の方が心を込めて育てられたもの。
普段、生産者の方とはお電話で、果物の生育状況を伺ったり、
注文のやりとりなどが主ですが、
時々、産地にお邪魔し、畑を見せていただいたり、
お話を伺って、勉強をさせていただいています。

先月もラ・テールのパティシエが、山形県のブルーベリーの生産者
森岡さんを訪ねていってきました。

続きを読む »

山梨県の桃の生産者高野さんの畑を訪ねて

こんにちは。ラ・テールのマネージャー小林です。

8月7日に洋菓子店の中村シェフと一緒に、
山梨で「桃」と「ぶどう」を生産されている高野さんの畑を
訪問してきました。

ラ・テールでは高野さんの桃を使い始めてから3年ほどになります。

中村シェフと高野さん

続きを読む »

PREV PAGE «  BLOG TOP 

このページのトップにもどる


 

Copyright(c) La Terre. Allrights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。