ラ・テールブログ

自然素材にこだわった洋菓子・パン・レストランの、世田谷三宿ラ・テールブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルティザン・テラの9月の地方菓子はガトー・オー・フィグ。旬のいちじくを使い、シンプルにできていますが、素材の味わいが感じられます。

こんにちは。
ラ・テールの大橋です。


アルティザン・テラの
月替わりの地方菓子をお知らせします。


世田谷公園前の
アルティザン・テラでは
フランス料理、菓子研究家の
大森由紀子先生の監修で、
毎月一品フランス地方菓子をお届けしています。

ガトー・オー・フィグ

今月の地方菓子は
プロヴァンス地方のお菓子「ガトー・オー・フィグ」

これまで、
プロヴァンス地方の
松の実のクロワッサン」、
オレンジのガレット」、
ブリオッシュ・デ・ロワ」など、
ドライフルーツやナッツのおいしさを活かした
お菓子をご紹介してきました。

今回もいちじくのおいしい
プロヴァンス地方らしいお菓子です。

セミドライのいちじく
(半乾きのためしっとりしています)と
ヘーゼルナッツ、アーモンドの贅沢な組み合わせ。

南の素材同士で、
いちじくとナッツの風味は意外とよく合います。

プロヴァンス地方は、
乳製品を生産していないので、
また南国で一年中温かいことから、
生クリームを使ったお菓子や
バターをふんだんに使ったお菓子は多くありません。

ガトー・オー・フィグもメレンゲが主体で、
バターなどの油脂が入らないので、
ふんわりやわらかく軽い食感ですが、
素材の味と食感がポイントになります。

いちじく

このお菓子に使うのは、
卵白、オーガニックシュガー、
ヘーゼルナッツ、アーモンド、いちじく。

シンプルだからこそ、
最高品質の素材でおつくりします。

できたてのおいしい状態で
お召し上がりいただくため、
お日保ちを短く設定しています。
お早めにお召し上がり頂きたいと思います。

ガトー・オー・フィグの記事はこちら

アルティザン・テラ
世田谷公園前

東京都世田谷区下馬2-44-11
TEL 03-5787-8850
営業時間 10:00-20:00


ハニー・ベアバナー

ヒルナンデス!でご紹介いただきました

9/5(水)放送の日本テレビ「ヒルナンデス!」
詳しく知りたいンデス!~マニアおすすめ厳選パンBEST10~で
アルティザン・テラの
スモークチーズ飛び出すディルのパン」税込252円が
5位に選ばれました。

スモークチーズ飛び出すディルのパン

ありがとうございます(^^)


アルティザン・テラ
東京都世田谷区下馬2-44-11
03-5787-8850

アルティザン・テラの商品ですが、
ブーランジェリー ラ・テール全店でも
明日まで販売の予定です。


ブーランジェリー ラ・テール
東京都世田谷区三宿1-4-24
TEL 03-3422-1935
営業時間 7:00-19:00


ハニー・ベアバナー

8月のフランス地方菓子は「ヴィジタンディーヌ」。アーモンドと焦がしバターで風味をつけた小さな焼き菓子です。

こんにちは。ラ・テールの大橋です。

大森由紀子先生監修のアルティザン・テラの
8月のフランス地方菓子は、
ロレーヌ地方のお菓子
「ヴィジタンディーヌ」です。

ヴィジタンディーヌ

ロレーヌ地方の都市、
ナンシーの修道院生まれの
「ヴィジタンディーヌ」は、
アーモンドと焦がしバターで風味をつけた
小さな焼き菓子です。

香ばしいしっとりとしたお菓子ヴィジタンディーヌは、
小さな舟型、もしくは小さなクグロフのような
王冠型で焼き上げます。

ヴィジタンディーヌは、砂糖、焦がしバター、
小麦粉、卵白を使った焼き菓子でつ。

似たお菓子に、フィナンシェというお菓子があります。

金融家という意味のフィナンシェは、
金の延べ棒をかたどった四角い型で焼くのですが、
材料は全く一緒です。

レシピの大きな違いは、
フィナンシェが
生地に卵白を合せるのに対して、
ヴィジタンディーヌは、
卵白を泡立てて混ぜるのが特徴。

同じ材料で、作り方と型が違えば
ふたつのお菓子が誕生します。


焦がしバターとアーモンドとバニラの香りが
絶妙なヴィジタンディーヌ。

こんがり焼けた外側はしっかり、
中はかなりしっとりとした食感も特徴的です。

バターは発酵バター、
バニラビーンズはオーガニック、
アーモンドはフレッシュな香りと風味が引き立つ
ちょっと高価格なイタリア・シチリア島産のものを選び、
良質の素材でおつくりしました。


ヴィジタンディーヌの記事はこちら

アルティザン・テラ
世田谷公園前

東京都世田谷区下馬2-44-11
TEL 03-5787-8850
営業時間 10:00-20:00


ハニー・ベアバナー

7月の地方菓子は「モンモリオンのマカロン」。普通のマカロンとは違った食感です。

こんにちは。ラ・テールの大橋です。

大森由紀子先生監修のアルティザン・テラの
7月のフランス地方菓子は、
ポワトゥー・シャラントのお菓子
「モンモリオンのマカロン」です。

ポワトゥー・シャラント地方

ポワトゥー・シャラント地方の町「モンモリオン」

フランスには、昔ながらの素朴な名物マカロンが点在し、
北のアミアンのものはしっかりとした歯ごたえ、
スペイン国境に近いバスク地方、
サン・ジャン・ド・リュズのものはふんわりと、
パリのものは外はざくっとして
中はしっとりとしているなど、
地方によって全く違う表情を見せます。

モンモリオンのものは、
ローズのように紙の上に丸く絞り、
ココナッツのようにざっくりとした外側に、
まろやかで口当たりのよい内側の生地が特徴です

モンモリオンのマカロン

一見、クッキーのようにも見えますが
マカロンです。絞り出した形が可愛らしいです。

マカロンの基本材料は、
砂糖、卵白、アーモンド粉と極めてシンプル。
他のマカロンに比べて卵白と砂糖の割合が多く、
香ばしくて、外はカリっと、中は少しねっちりした、
食べ応えのある食感です。

5月の地方菓子、マカロン・ド・ナンシーとの違いを
是非お試しください。


アルティザン・テラ
世田谷公園前

東京都世田谷区下馬2-44-11
TEL 03-5787-8850
営業時間 10:00-20:00

2012夏の贈り物バナー

6月のフランス地方菓子

こんばんは。
ラ・テールの大橋です。


大森由紀子先生監修のアルティザン・テラの
6月のフランス地方菓子は、
フランス南西部のお菓子
「ガトー・マイス」です。

ガトー・マイス

「マイス」とはとうもろこしのこと。

とうもろこしは世界三大穀物(小麦・米)のひとつ。

穀物とは…
農作物のうち、種子を食用とするため栽培されるもの。
米・麦・粟(あわ)・稗(ひえ)・豆・黍(きび)・
とうもろこしなど。多く、主食とされる。穀類。
(三省堂大辞林より)

日本では野菜というイメージですが、
穀物になります。


イタリアの方では、とうもろこしは
今でも料理やお菓子に度々使われていますが、
フランスでは南西部以外ではあまり使われていないようです。

今回の地方菓子「ガトー・マイス」は、
フランスでも珍しいとうもろこし粉を使ったお菓子。

小麦粉6に対して、とうもろこし粉4位の割合で合せた軽めの生地に
ドライいちじくを入れ、パウンド型で焼き上げます。


とうもろこし粉はグルテン(生地に粘りを与える成分)が無く、
細かく挽いているためとてもキメが細かく、
ほろっとした軽い口当たりの食感に焼き上がります。

今回使うとうもろこし粉は、無農薬栽培のイタリア産。

カリフォルニア産オーガニックドライいちじくの
甘さが凝縮されたおいしさとプチプチした食感、
香りづけのレモンがアクセントになっています。

ガトー・マイスについて、
詳しくはこちらのページをご覧ください。


アルティザン・テラ
世田谷公園前

東京都世田谷区下馬2-44-11
TEL 03-5787-8850
営業時間 10:00-20:00

PREV PAGE «  BLOG TOP  »  NEXT PAGE

このページのトップにもどる


 

Copyright(c) La Terre. Allrights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。